安価な初期費用とランニングコスト

新しい給湯器を導入する際、ガス式か?電気式か?で悩む方も多いようですが、石油式も検討してみるといいでしょう。石油給湯器の最大の魅力といえば、なんといっても、その費用の安さです。初期費用は、本体価格と工事費を合わせて、約15万~20万円程度。月々の燃料代は、石油の時価にもよりますが、平均4,000円くらいとなります。

また、最近では「エコフィール」という熱交換率の高い最新型も発売されているようですので、ますますランニングコストの低価格化が期待できると考えられます。また、熱交換率が高い=燃料を無駄なく使えるということですので、これまでの機種に比べ、CO2の排出量の削減も期待されています。

石油式給湯器のメリット・デメリット

【メリット】
・ パワフルな割に経済的
・ 使用地域の気温に関係なく利用可能
・ 即湯器のため、実用の限度水量がない
・ 床暖房(石油式)との連携がとりやすい(タンクが共有できるため)

【デメリット】
・ 石油独特の臭いやバナー作動音(約47db~52db)がする
・ 吸排気設備、燃料タンクの設備が必要
・ 定期的に給油が必要
・ 寿命が約10年と電気給湯器に比べて短い