初期費用とランニングコスト

給湯器を新しくする際に、気になるのが初期費用。ガス式の給湯器は電気式に比べて安く抑えることができます。内訳は、「機種代金+取り付け工事費」となりますが、追い炊き機能の有無や一戸建て用・マンション用で、費用も変わってきます。

一般的な相場をまとめると、ガス給湯器は、機種代金+工事費で、

追い炊きなし:約10万円前後
追い炊きあり:約17万円~25万円前後
エコジョーズ:約20万円~30万円前後

という感じに分けられます。また、一戸建ての設置に比べ、マンションの設置は工事費が若干高めになる傾向があります。これらの違いは業者によっても左右されるため、見積もりを取った上での購入をオススメします。

一方の電気給湯器は、設置費用がガスに比べて割高になる点が、ネックに挙げられます。エコキュートに関していえば、設置費用は本体価格込みで、約100万円ほどかかってしまいます。そのため、初期の費用を抑えたい方にはガス給湯器がオススメです。

それでも、電気式最大の長所は、そのランニングコストの安さ。深夜に一気にまとめてお湯を沸かしておけば、夜間電力を利用できて料金が安く済みます。エコキュートを利用すれば、月々の電気料金は平均1,000~2,000円程度となり、光熱費の節約が見込めます。

地球にやさしいのはどっち?

ガスを燃焼させることで、お湯を沸かすガス給湯器は、CO2を発生させているため、環境には思わしくないようにも思えます。一方の電気給湯器は、CO2の発生量が少ないように思えます。「お湯を沸かす」という1点のみに着目した場合は、電気給湯器の方がエコ性が高くなります。

しかし、実際に地球全体で見てみると、発電所など「発電」を行っている場所では、ガスや石油を燃やしています。そのため、電気を使っていても結局はCO2を発生させています。また、電気は発電してから運ばれるまでに多少の量を消費するため、発電時の100%の量を実際に使用することはできません。

一方、ガスは使うその場で燃やし、エネルギーにするため、CO2の排出量とエネルギーの活用率はほぼ100%となります。また、「エコジョーズ」などの商品はCO2の排出量を極力減らし、環境と家計に最大限配慮した仕組みになっています。

ガスと電気それぞれのメリット・デメリット

ガス式と電気式給湯器の、メリットとデメリットをまとめます。購入の際、参考にしてみてださい。

ガス給湯器

【メリット】
●給湯能力が高い(一度に複数の箇所でお湯を使用しても水圧が安定する)
●給湯機器がコンパクトなため、狭い都市部の住宅やマンションなどにも取り付け可能
●必要な分のお湯が即座に使える(瞬間式の場合)

【デメリット】
●お湯を沸かす際に音がなる(約47db~52db)
●屋内に設置する場合給排気設備を必要とする
●寿命が約10年程度と電気給湯器に比べて短い

電気給湯器

【メリット】
●給排気設備が不要なため、スペースを取らない
●ガスや灯油の配管工事代を必要としない
●設置場所では排気がなく、空気を汚さない
●深夜電力・融雪用電力といった割安な電気プランが使える
●寿命が約20年

【デメリット】
●貯湯タンクの他にヒートポンプユニットの設置場所が必要になる
●冷媒するのにCO2を使用するため、ヒートポンプの電場修理が不可能
●湯沸し時にヒートポンプユニットから運転音がする(約38db~40db)
●寒冷地では熱効率が悪いため、一部地域では使用不可能