このページでは、給湯器の異音/騒音トラブル例と対策法を調べています。

給湯器の異音/騒音トラブルでまず確かめること!

「給湯器から異音・騒音がする場合」

  • 給湯器のどのあたりから異音が発生しているか?
  • どのような音が出ているか?

給湯器から生じる異音や騒音に関するトラブル解決は、基本的に業者など専門家の手に委ねるしかありません。

依頼者側ができることとしては、上記のように異音の性質についてよく調べ、業者に相談する際、なるべく正確に伝えられるようにしておきたいものです。

よくある異音・騒音トラブルの例

「ピー」「ピヨピヨ」という音

原因 空気とガスのバランスがおかしい、ファンモーターの不具合などが考えられます。
また、電気系統が出す音の可能性もありますが、その場合は問題ありません。
対策 機器の交換が必要となる場合が考えられるので、専門業者に依頼してください。

点火の際に「ボン」という爆発音が頻繁に起きる

原因 給湯器が不完全燃焼を起こしている可能性があります。
対策 修理が必要になります。ガス漏れの可能性もあるので、専門業者に依頼してください。

「キーン」という音

原因 燃焼排気を排出するためのプロペラに異状がある場合が、考えられます。
対策 修理が必要になりますので、専門業者に依頼してください。

風呂釜などの「ボコンボコン」という音

原因 循環パイプの勾配が不適切な可能性が、考えられます。
対策 修理が必要になりますので、専門業者に依頼してください。

エコキュートの「ブ~ン」という低周波音

原因 空気を圧縮する機械音で、故障ではありません。深夜帯の安い電力を活用するため、近隣との騒音トラブルに発展する可能性も高くなっています。
対策 業者に依頼し、騒音対策パネルを設置する方法が考えられます。

※上記以外に、運転の中止前後に「ブーン」とか「ウーン」という回転音がすることがありますが、機器の作動というだけで、異状ではありません。

また屋外に設置された追い焚き専用の風呂釜から漏れる「ジュージュー」という音も、蒸発音なので異状ではありません。

ただしいずれも「どうしても気になる」という場合は、業者に点検を依頼すると良いでしょう。