まず確かめること!

温水機器のトラブルが起きた時、リモコンがある場合はエラー表示がでます。
何が起きたのか分からずドキッとしますね。
下の表はガス温水機器のメーカー資料から、よくあるエラー番号を参考に抜粋したものです。業者さんへ連絡する際の状況説明にお役立てください。
ただし正確にはお使いの温水機器のメーカーのサイトで確認してくださいね。

給湯器の故障をなんでも解決!修理業者おすすめランキング≫≫

トラブル時にリモコンへ表示されるエラーコード一覧

エラー表示表
表示番号 考えられる原因 対処方法
111・112・113 給湯・風呂・暖房・点火不良 電気のリセットをしてみましょう。器具の電源プラグを一度抜き、10秒ほどしてから再度差し込んでみます。
121・122 給湯・風呂途中消火 ガスメーターがガスを遮断したのかもしれません。
ガスメーターを確認してみましょう。
140 過熱防止装置作動 機器本体が厚くなりすぎているのかもしれません。
時間を置いて再度使用してみましょう。
252 風呂流水スイッチ異常 浴槽の循環フィルターが汚れていることが原因かもしれません。
汚れている場合は掃除をしてください。
432 水位センサー異常 部品が故障しているのかもしれません。業者さんへ連絡しましょう。
611・612・613 燃焼ファンモーター異常 部品が故障しているのかもしれません。業者さんへ連絡しましょう。
632 風呂ポンプ異常 浴槽の循環フィルターが汚れていることが原因かもしれません。
汚れている場合は掃除をしてください。
300番台 サーミスターの異常 給湯時やお風呂でお湯を張っているときによく起こる温度センサー不良です。
業者さんへ連絡しましょう。
700番台 電装基盤の異常 給湯時やお風呂でお湯を張っているときによく起こる電装基盤不良です。
業者さんへ連絡しましょう。

※この表はあくまで参考です。正確にはメーカーサイトなどで確認してください。