このページでは、一酸化炭素中毒について調べています。給湯器を活用する前に、知識としてぜひ頭に入れておきましょう。

要注意!給湯器と一酸化炭素中毒の関係

給湯器などのガス機器を使用する際は、一酸化炭素中毒について、最低限の知識を持っておく必要があります。ガス機器の不完全燃焼により、一酸化炭素が発生する場合があるからです。

ガスが健全に燃焼するためには、新鮮な酸素が必要です。酸素不足が、ガス機器内の一酸化炭素発生を招きます。

「ガスを使用する際は、必ず換気を!」と呼びかけられる機会は多いのですが、あまりに当たり前となり過ぎて、なぜ換気が必要なのかを改めて調べなくなってしまいがち。「一酸化炭素中毒防止のため」と、肝に銘じましょう。

最悪の場合死に至る一酸化炭素中毒

では次に、一酸化炭素中毒がどのくらい恐ろしいものなのかを紹介します。

【空気中の一酸化炭素濃度】
0.04%…1~4時間で頭痛が生じる
0.16%…20分で頭痛や目眩、吐き気。2時間で死に至る。
0.32%…10分程度で頭痛や目眩、30分で死に至る。
1.28%…3分以内に死亡。

いかがでしょうか?一酸化炭素は目に見えない分、特に注意が必要なのです。少量でも生命に危険を及ぶのですから…。また中毒に遭った際、一命を取り留めたとしても、手足のしびれや、脳細胞の損傷などの後遺症が残ることもあります。

一酸化炭素中毒を回避するために

とは言え、ガス機器は炊事や洗浄などに毎日使うもの。「一酸化炭素中毒が怖い」という理由だけで、使用をストップするわけにもいきません。そこで、以下の点に留意していきましょう。

ガス機器を使用する際は「料理などの臭いを外に出す」という目的ではなく、「燃焼に必要な新鮮な空気を取り入れる」という気持ちで換気扇を回したり、窓を開ける。

給湯器などの「給排気設備」に不備が生じないよう、定期的な点検を。また問題があった場合は、すぐ修理を依頼する。

上記のルールを徹底し、不慮の事態を回避するよう努めていきましょう!